さすが全国有数の風俗街

先日茨城の水戸の風俗にいってきました。
さすが全国でも有名なエリアといった感じで、色々なお店があって目移りしてしまいました。

ほかにも千葉とか、風俗な活発なところにはあちこち訪れたことがあるんですよ。
でもそれでも思わずすごいななんて感想を抱いてしまうくらいに、活発な営業をしている風俗店が多かったです。

ああいうところはいいですね。大っぴらに風俗を楽しめるっていうのかな、みんなが利用していることがわかるから、変に気兼ねしなくていいんです。
こそこそ風俗を利用するのも、それはそれで面白いんですが、やっぱり細かいことを気にせずに楽しさにふけることができるのが魅力的でした。

ソープだったりファッションヘルスだったり、選択肢がより取り見取りなのも大変よろしいです。
どちらの店を利用するか迷って迷って、結局よらなかったお店もあるので、次に水戸に行くときは今度はそっちを使ってみようかなと、早速考えていますよ。

あれだけお店があると、きっと人気店なんかもあると思うので、今度は予習をしていってもいいかもしれません。
適当に入ったお店で満足できたということは、全体のクオリティが高いということであり、その中でも人気の店がどれほどのものなのか興味があります。

将来有望な風俗嬢

性風俗の進化は凄まじい物で昔なんかとは全く大違いの恐竜的進化を遂げてきています。昔はJKなんとかというものは決して表立ってはありませんでしたが、最近ではメディアもこぞって取り上げるぐらいの盛況さです。これは一つに男たちが羞恥心を捨ててよりお金で女の娘を買うことに引け目を感じなくなってきたということもあるのでしょう。それだけ倫理が崩壊しているという捉え方もありますが、寧ろこれは性風俗にとっては大変好ましいこととも言えるでしょう。

こういった倫理の崩壊は性風俗の土壌となりうるものです。こういった価値観の変化が起こっていけば近い将来にはより今までタブーとされてきたモノも解禁されていくのかもしれません。政治家の方にもこういった問題に取り組んでいる人は多く、風俗を取り締まっているような団体の活動力の低下も叫ばれる中、数十年語の性風俗を予想すると正にカオス的情景が浮かび上がります。

とはいえ、こういったことは世の男性にとっては大変好ましいことです。より安く、より若い子を、より沢山買えるというのが性風俗の欲求でしたがこういった夢が叶いつつあるのです。もっともっと男たちが発散できるような社会になっていけばよいですね。

水戸のデリヘルできれいな素人っぽい子と遊びました

古き良きソープランドが残る水戸で、デリヘルを頼んでみました。ソープは値段が高いので、デリヘルで遊ぼうと思ったのです。水戸のデリヘルの特等として、きれいな素人っぽい子が多い気がします。デリヘルサイトで色々と見て回って、Mちゃんを呼ぶことにしました。

natto

写真を見たときのMちゃんは、黒髪ロングでおっぱいが大きく、清楚な感じの子でした。しかし、サイトで見たときのMちゃんの写真は修正されていたので(もしかしたら、太っているかもな)と、少し不安に思ってホテルで待っていました。

当日、部屋に入ってきたMちゃんは普通に良いスタイルでした。痩せているという訳ではないですが、太っている訳ではない、むっちりとした良い体でした。

少し会話をして、Mちゃんと一緒にお風呂に入りました。「おっきい、おっぱいだね」と言いながら、Mちゃんのおっぱいを揉むと、「あっ、ちょっと、待って」と言いながらも、Mちゃんは私の手に自分の手を重ねて、たっぷりとおっぱいを揉ませてくれました。

お風呂を終えて、ベッドでのプレイです。Mちゃんのおっぱいを堪能しながら、気持ち良くしてもらいました。Mちゃんはまだ素人っ子ぽい感じで、少しテクニックは成長途中という感じでしたが、それがまた容姿と合って気持ち良かったです。良いデリヘル体験でした。

<今回行ったお店>
水戸風俗人妻浮気現場